トップページ:岩田松雄オフィシャルサイト> リーダーに贈る言葉> リーダーに贈る言葉 バックナンバーNo.51〜60

リーダーに贈る言葉

リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉60

「人は堀抜かなければならない山を持っている」  先人


「人生の目的」
最初の小さなひと掘りから初め、先が見えず真っ暗な中でも、使命感を持って、コツコツ掘り続けることが大切である。


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉59

「音に驚かない獅子のように、網にとらえられない風のように、水に汚されない蓮のように、 犀の角のようにただ独り歩め」
 ブッダの言葉 蛇の章より


リーダーは、犀の角のように、一人屹立し求道者のように、自分の信じる道を進まなくてはならない。


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉58

「自然でない行いは、自然でない混乱をうむ」ウイリアム・シェークスピア


自然に逆らった行為は、必ず無理が生じ、混乱を生み出す。
大きな流れを感じ、力を抜いて、自然体に事に望むことが必要である。


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉57

「なみだをこらえてかなしみにたえるとき
 ぐちをいわずにくるしみにたえるとき
 いいわけをしないでだまって批判にたえるとき
 いかりをおさえれじっと屈辱にたえるとき
 あなたの眼のいろがふかくなり
 いのちの根がふかくなる」相田 みつを


ヒトは苦労すればするほど、人の痛みが分かり、眼が優しくなり、他人に気配りできるようになる。


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉56

「祇園精舎の鐘の声
 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色
 盛者必衰の理をあらわす
 おごれる人も久しからず
 ただ春の夜の夢のごとし
 たけき者もついには滅びぬ
 偏に風の前の塵に同じ」
 平家物語 冒頭


権力は必ず腐敗する。常に自己への厳しい規律と自己革新が大切である。驕れるもの久しからず。謙虚に、謙虚に、日々新たに。


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉55

「心からあふれ出たものは、心に注がれる」
 サミュエル・ティーラー・コールリッジア


心の中から溢れ出た思いだけが、人の心に届く。口先だけの言葉だけでは、人は動かない。
またどんな発言の内容も、誰が言ったかで、その重みが違う。


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉54

「愛は寛容であり、愛は情け深い。
 また妬むことをしない。
 愛は高ぶらない、誇らない。
 無作法をしない、自分の利益を求めない。
 いらだたない、恨みをいだかない。
 不義を喜ばないで、真理をを喜ぶ。
 そして、すべてを忍び、すべてを信じ
 すべてを望み、すべてを耐える。」
 「新約聖書」-コリント人への第一の手紙 第十三章


すべてのことが「愛」から始まれば良いのに。ALL YOU NEED IS LOVE !


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉53

「私たちはリーダーに何をすべきかを教えるのに多大な時間を使うが、何をやめるべきかを教えるのには、充分な時間をかけていない。私が今まで出会ったリーダーの半数は、何をすべきか学ぶ必要はない。彼らが学ぶ必要のあるのは、何をやめるべきかだ」  ピーター・ドラッカー


私が手伝いしている経営者の皆さんに、一度1週間で良いから自分がどのように時間を使っているか記録するようお願いしている。すると経営者として付加価値を生み出している時間が、如何に少ないかと愕然とされる。また大切な将来や戦略などを考える時間は、細切れではなく、まとめて半日とか一日取ることを勧めています。
「測れないものは管理できない」まず自分の時間の使い方を測ることから始めることをお薦めします。


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉52

「戦争を終わらせることより、始めることの方がたやすい。
 自分を省みるより、人のせいにするほうがたやすい。
 何かを分かち合っているかを知ることより、違いを見つける方がたやすい。
 けれども、私たちが進むべきは、正しい道です。
 たやすい道ではありません。」バラク・オバマ


「幸せの黄色いハンカチ」で主人公の高倉健が、ふとしたことで人をあやめてしまい、愛する妻と離れ離れにならなければならなくなった。自分一人の感情をコントロールして我慢することでさえ如何に難しいか。


リーダーシップコンサルティング リーダーに贈る言葉
リーダーに贈る言葉51

「人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり。一度生をうけ滅せぬ者のあるべきか。」  織田 信長 (特に好んで演じた幸若舞「敦盛」の一節)


人間がどのような一生を送ろうと、それはほんの五十年くらいの短い間に過ぎない、一度この世に生まれて 死なずにすむ者のいるはずもない。
だから自分の思うところを全力で突き進み、悔いのない人生にしたいものですね。

ひとを大切にしたコンサルティングで真のリーダーを育てます。
リーダーシップに関するお問い合わせは何でもご相談ください。