トップページ:岩田松雄オフィシャルサイト> 執筆・メディア掲載情報のご紹介

岩田松雄著書のご紹介

君を成功に導く49の言葉~5年後リーダーになる人 5年後も部下のままの人

君を成功に導く49の言葉
~5年後リーダーになる人 5年後も部下のままの人


「人間は努力している限り迷うものだ」(ゲーテ)
人が悩むのは、頑張って努力しているからです。
だから、迷うことは間違いでも無駄なことでもありません。 迷っている自分に悩む必要なんかないのです。

時代を越えて人の心を元気づけ、
迷いや悩みを解消してきた名言は、
単なる言葉以上の強い影響力を持っています。

本書では、スターバックス、ザ・ボディショップでCEOを務めてきた著者・岩田松雄が、
励まされ、癒され、元気づけられてきた先人たちのメッセージを紹介しつつ、
5年後にリーダーになれる人と、5年後も部下のままの人の思考や行動を対比させ、
49のテーマに沿って書いています。

「リーダーシップ教育」の第一人者として幾多の人材を目の当たりにし、
現在は未来のリーダーを育てている著者だからこそ書ける
偉人たちの知恵と成功する人物像のモデルをお教えします。
少しでもリーダーを目指す人のお役に立てれば幸いです。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: 大和書房 (2017/8/25)


私はかつてTOEIC300点だった 岩田式英語勉強法

私はかつてTOEIC300点だった
岩田式英語勉強法


「スターバックス、ザ・ボディショップで社長になった私は、実は以前、まったく英語がダメでした」

ところが30歳から勉強を始め2年でTOEIC300点→900点!

目的に特化した英語力を、正攻法で、最大限効率的に、最速で身につけるため試行錯誤した結果、ついにたどり着いた方法を完全初公開!

英語は「捨てる」+「回す」

岩田式「捨てる」英語勉強法
◎何のために英語を勉強するのか、目的をはっきりさせる
◎目的と関係のない勉強は捨てて、目的に直結する勉強に絞って取り組む
◎目的がとりあえず達成したら、今度は総合的に英語力をつけていく
◎目的がはっきりしていると、逆境に強く、成果が見えやすく、やる気が続く

岩田式「回す」英語勉強法
◎「単語」「文法」「読む」「聴く」「話す」「書く」の教材をぐるぐる回すと飽きが来ない
◎飽きずに長時間勉強できるので、勉強することが習慣になる
◎苦手分野の克服は効率的で、モチベーションのアップにつながる
◎「わからないところが宝」「間違えた分だけ賢くなれる」とポジティブに考える
◎正解したところはやり直さなくて良い。間違えたところだけ、できるまでやり直す

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: 講談社 (2015/4/21)


リーダー絵ことば

リーダー絵ことば


笑いながら読むだけで、リーダーのエッセンスが身につく!
スターバックスCEOを務めた著者が教える、「カリスマじゃない人」のためのルール

「お茶を出してくれた人にお礼を言う」
「会議はいい話から始める」
「リーダーこそ、教えてもらえ」…etc
リーダーも、これからリーダーになる人も!
当たり前のことをするだけで、周囲の目は変わっていきます。
今すぐできる56のことを楽しいイラストで紹介した、まったく新しいタイプのリーダー本です。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: 飛鳥新社 (2015/3/7)


「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の言葉

「ついていきたい」と思われる
リーダーになる51の言葉


本書は、リーダー向けの名言や格言を紹介する著者・岩田松雄のフェイスブックの人気コーナー、「リーダーに贈る言葉」から51の言葉を厳選し、書籍化したものです。

先人たちの偉大な言葉を知っているかどうかが、後の人生を大きく変えると、著者・岩田松雄は語ります。なぜなら、偉大な言葉に学ぶということは、先人たちが気づいた物事の本質や原理原則を、共有させてもらえるということだからです。

さらに、偉大な名言や格言には、徳の部分を語ったものが少なくありません。
だからこそ、リーダーには、そしてこれからリーダーになろうとする人には、ぜひ知っておいてほしい言葉がたくさんあるのです。

本書の中に書かれている言葉が、あなたが「ついていきたい」と思われるリーダーになるための一助となれば幸いです。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: サンマーク出版 (2015/1/19)


「情」と「理」 話し方の法則: 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない

「情」と「理」 話し方の法則:
「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない


相手は、話す人の「すべて」を見て、聞いている。
だからこそ、コミュニケーションには、
【情】(話す人の人間性)と 【理】(相手にとってわかりやすい伝え方)
が常に求められているのです。

「スターバックス」「ザ・ボディショップ」元CEOが初めて明かす、
「人を動かす」「強い信頼関係をつくる」26の実践法。

◎その「行動」がメッセージを発している
◎「口に出す前」に自分に問いかける2つのこと
◎常に意識すべきは「状況・相手・内容」
◎会議は「いい話」から始める
◎互いの理解の「ずれ」をなくす一番の方法

「伝える」が「伝わる」に変わると人間関係に恵まれ、 あなたの“ミッション”は必ず実現する!

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: 三笠書房 (2014/10/10)


「徳」がなければリーダーにはなれない 「エグゼクティブ・コーチング」がなぜ必要か

「徳」がなければリーダーにはなれない
「エグゼクティブ・コーチング」がなぜ必要か


「この人についていきたい! 」と思われるような、真のリーダーとなるための必要な能力はどのようなものだろうか。
著者・岩田松雄は、スターバックスコーヒージャパンのCEOなどの経験から「徳」と「才」の両方を併せ持つ人であるという。「徳」とは、世の中や周りの人に貢献しようとする心のことだ。一方の「才」とは、戦略的に物事を考えられる頭の回転の速さや財務の知識などのスキルの部分だ。
特に著者・岩田松雄は経営トップを目指すようなエグゼクティブ・リーダーには「徳」が重要であるという。
著者・岩田松雄自ら行うエグゼクティブ・コーチングの実例からリーダーとしての心得まで伝授する。
内容例を挙げると、
◎求められる強靭なリーダーシップ
◎自分のリーダーシップ・スタイルを知るためのコーチング
◎社員一人ひとりが変わることでしか変革はあり得ない
◎日本でエグゼクティブ・リーダーを育てるというミッション 等々
リーダーを目指す人からリーダーを育てる人まで必読。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: PHP研究所 (2014/4/19)


働く君に伝えたいこと

働く君に伝えたいこと


元スターバックスCEOだった父から息子へ。どうしても伝えたかったこととは――
新入社員からベテラン社員、上司まで。壁にぶつかっている人への応援歌。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: フォレスト出版 (2014/3/22)


スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。 本当のホスピタリティの話をしよう

スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。
本当のホスピタリティの話をしよう


コーヒーショップとホテル。一見まったく異業種のこの2つの企業には意外な共通点があった。
成熟社会に突入した日本がめざすべき「ホスピタリティ」ビジネスの真髄を両社の元トップが語り尽くす

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/3/1)


スターバックスCEOだった私が伝えたいこれからの経営に必要な41のこと

スターバックスCEOだった私が伝えたいこれからの経営に必要な41のこと


経営者の最大の仕事は人事である――スターバックスで過去最高の売上(当時)を達成し、ザ・ボディショップをV字回復させた著者が初めて明かす、経営の極意とは? 現役経営者、経営志望者、社員まで役立つ1冊。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: 中経出版 (2013/12/27)


今起きていることは、すべてあなたに必要なんだ: ザ・ボディショップ、スターバックス元CEOが語る、46の一問一答

今起きていることは、すべてあなたに必要なんだ:
ザ・ボディショップ、スターバックス元CEOが語る、46の一問一答


「失敗や挫折に意味がある」とは、ザ・ボディショップやスターバックスを率いた岩田松雄の言葉。
仕事の過程とは、悩みと落胆の連続だ。岩田松雄も例外ではなかった。人一倍苦労を重ねたからこそ、あらゆる局面で問題解決する力を身につけた。
そんな岩田松雄に、男女問わず20~50代の仕事の悩みが46問届けられた。
人間関係や出世の悩み、転職から働く意味まで、あらゆる質問に全力で答える。
読めば心がスッとする、マジメで熱い人生相談。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: 徳間書店 (2013/11/22)


「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと


部下の「やる気」を削ぐリーダーにはどう接すればいい?
上司の指示が思いつきでクルクル変わるときの対処法は?
失敗をすると部下に責任を押しつける上司がいるのですが…?
グループ内の人間関係が悪すぎるときはどうすれば?
社長・上司・同僚の悪口が止まらなくて困っているのですが…?
会社生活が楽しくなる職場での過ごし方。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: 経済界 (2013/3/23)


「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われる
リーダーになる51の考え方


「リーダー」と聞いてあなたは、どんな姿を想像するでしょうか?
生まれつき、強いリーダーシップを持ち、プレゼンテーションも見事で、とにかくオレについてこい、というカリスマ的な雰囲気を漂わせているのがリーダーなのではないか。でも、自分はとてもそんなふうにはなれない……と悩んでいる方もいるかもしれません。
著者・岩田松雄は、誰でも頑張ればリーダーになれる、と断言します。
本書は、華麗な経歴を持ちながらも、「普通のおじさん」と自認する著者が教える、「まわりに推されてリーダーになる方法」を51項目にまとめたものです。
管理職の方、新しくリーダーになった方、初めて後輩ができた方、などたくさんの人にお読みいただければ嬉しいです。

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: サンマーク出版 (2012/10/9)


ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

ミッション
元スターバックスCEOが教える働く理由


一流は「火花散る一瞬」ために生きる!

スターバックスとザ・ボディショップで、 ブランドを見事に再生させた経営者が説く 一流の人の仕事とは!


■序章 あなたの火花散る一瞬はいつか?
「スターバックス」と「スターバックスらしきもの」の決定的な違い
ハワード・シュルツの「匂い」
会社員かノマドかなんて、どうでもいい ほか

■第1章 どうすれば人を魅了できるのか
スターバックスへのクレームで一番多いのは……
なぜスターバックスは長居する客を追い出さないのか
スターバックスで本当に起きた5つの奇跡
日本人にはもともと「感動の接客」が根づいている
お客様の期待を超えてゆけ! ほか

■第2章 ザ・ボディショップとアニータ・ロディック
アニータの怒りと「ファイブ・バリューズ」
彼氏を迎えるようにお客様を迎える
社員を大事にしない企業はブランドにならない
素顔のアニータ・ロディック
ボディショップの面接でスターバックスへの愛を語り出す学生たち ほか

■第3章 スターバックスはコーヒーを売っているのではない
ハワード・シュルツの最終面接
ブランド復活に向けて
ほとんどがバイトでもお客様を感動させられる理由
社員の自発性を引き出すためにリーダーがやるべきこと
日本のスターバックスがアメリカを超えたと感じた瞬間 ほか

■第4章 僕たちは何のために働くのか
ブランドとミッションは表裏の関係
「お客は値引きを望んでいる」という幻想
「社会貢献なんて、建前なんでしょ?」
もしもマンションの理事長をやることになったら ほか

■第5章 自分のミッションをつくる7つのヒント
ヒント1 働き方ではなく、働く目的を考える
ヒント2 自分、ミッション、会社は三位一体で成長する
ヒント3 「私」を無くす
ヒント4 3つの輪は何か考える ほか

■第6章 火花散らすリーダーの8つの習慣
ピッチャーとサード、どっちが偉いか?
火花を見逃さないリーダーの8つの習慣
面接で人を見抜く方法
もしも宝くじで3億円当たったら……
スターバックス大学 ほか

■第7章 ミッションを育てる時間術、勉強法、読書術
時間を有効活用する7つのポイント
インプットとアウトプットを続けるための5つの覚悟
私が実践している10の読書術 ほか

■終章
社長室の写真
スターバックスのパートナーたちに伝えたいこと
オバQのカード
ある店長同士の交流

▶︎ amazon書籍紹介ページへ

出版社: アスコム (2012/10/8)

ひとを大切にしたコンサルティングで真のリーダーを育てます。
リーダーシップに関するお問い合わせは何でもご相談ください。

岩田松雄のオンライン


岩田松雄書籍のご紹介

君を成功に導く49の言葉~5年後リーダーになる人 5年後も部下のままの人

【新刊】

君を成功に導く49の言葉
5年後リーダーになる人
5年後も部下のままの人

リーダー絵ことば

リーダー絵ことば

岩田式英語勉強法 私はかつてTOEIC300点だった

岩田式英語勉強法
私はかつてTOEIC300点だった

ついていきたいと思われるリーダーになる51の言葉

ついていきたいと思われる
リーダーになる51の言葉

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

ミッション
元スターバックスCEOが教える働く理由

・Amazonランキング1位

・ビジネス書ランキング1位

ついていきたいと思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われる
リーダーになる51の考え方

・Amazonランキング1位

・ビジネス書ランキング1位

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと

今起きていることは、すべてあなたに必要なんだ: ザ・ボディショップ、スターバックス元CEOが語る、46の一問一答

今起きていることは、すべてあなたに必要なんだ: ザ・ボディショップ、スターバックス元CEOが語る、46の一問一答

これからの経営に必要な41のこと

これからの経営に

必要な41のこと

スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。 本当のホスピタリティの話をしよう

スターバックスのライバルは、リッツ・カールトンである。

本当のホスピタリティの話をしよう

働く君に伝えたいこと

働く君に伝えたいこと

「徳」がなければリーダーにはなれない 「エグゼクティブ・コーチング」がなぜ必要か

「徳」がなければリーダーにはなれない

「エグゼクティブ・コーチング」がなぜ必要か

「情」と「理」 話し方の法則: 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない

「情」と「理」 話し方の法則

「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない